四畳半商店 店主ドードーの日記

四畳半商店の事と心のうちを出しています。

自分の役目は何か。と考えすぎて、結局まだわからない。けどやっぱこれか。

いよいよお金というモノが、少なくなってきて、いよいよ俺のやりたいことはどうなんだろうと思ってきた。

 

とはいえまだ半年しか経ってないし、家にこもってHPや販売の準備に追われて、ちゃんとPRはまだ出来てない。

 

心が少し、あれって思ってるのかもしれない。

 

このわずかな不安に負けてはいけないことは、分かっている。

 

自分のやりたいこととかって何だろうと改めて自問自答している。

 

一番心がぞくぞくする、興奮する時ってどんな時だろう。

 

その事柄を自分の中でしっかりとらえて、内省してみないと掴めない。

 

何度もやってきたけど、その都度ほんとかなってなったり。

 

けどやっぱ一番最後に戻るのは、子供の頃の栃木のばあちゃんちの家が出てくる。

 

昔ながらの藁葺きの古民家だ。

 

縁側とか土間とか、吹いてくる風とか稲の匂いとか、最高だった。

 

あの感覚を今の子供たちに伝えたい。

 

感じて欲しい。

 

古民家を再生して、その場を使って、多様な世界の文化を折衷させたい。

 

自然もあって、文化もあって、気持ちいい日本らしい空間。

 

やっぱりこういう結論なんだよな。

 

今までフィリピンの手しごとの事だけに注力してきた。

 

少しずつ場を作り出すことに力と時間を使って行こうと思う。

 

お金がやばいけどw

 

笑えないそのうち。

 

そのうちどこかでバイトしてるかもねw

 

さて、今夜はこれから読書にしよう。