四畳半商店 店主ドードーの日記

四畳半商店の事と心のうちを出しています。

令和で振り返り。四畳半商店のこと

令和になって

 

改めて振り返える時間を設けてみた。

 

まず四畳半商店のこと。

 

2017年9月から今年の9月で丸2年になる。

 

2018年はイベントやマルシェに、とにかく出店の年だった。

 

実店舗はまだ持てないと思っていたし、

 

店を構えて動きが取りづらくなるのは嫌だなって思っていたから。

 

外に出て、知ってもらわないと!って

 

認知されないとなーっという想いで、外に出ていった。

 

出店回数が増えるほど、出店に臨む気持ちが薄くなっていて、

 

なんか惰性的になっていることが

 

やっぱり違うなって思っていた。

 

イベントの出店で良いのは、新しい出逢いがあること。

 

去年は本当にたくさんの方に出会えたし、

 

その繋がりから出店や展示会に呼ばれることになったから、

 

売上とか全然だったけど、繋がりはもっと大事だったと思う。

 

そして出店だけでは四畳半商店が表現できない事も分かった。

 

あと買ってくださったお客さんをもっと大事にしたいと思った。

 

僕の想いのある手しごとのモノを分かって買ってくれている。

 

そうやって感覚を共有できたことが嬉しい。

 

これからは四畳半商店の場を作り、

 

オンライン上でも世界観を出していきたい。

 

暮らしの道具やモノを扱っているんだから

 

やっぱり場があるべきだ。

 

それを求めていきたいな!

 

 

 

殻を破れ!話して鍛える、英語コーチングメルマガ
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス