四畳半商店 店主ドードーの日記

四畳半商店の事と心のうちを出しています。

四畳半商店

「七転び八起き」の高崎ダルマの産地へ

遂に高崎へダルマさん作りを見学させて頂いた。 高崎には今でも70近いダルマの製作所があり、日本に流通するおよそ8割のダルマが高崎で作られているのだそう。 今回ご案内していただいたのは、だるまの幸喜の旭さん。 優しく、色々とお話しをしてくださって…

日本とタイ共同演劇、ランカオを観に行った。表現の力を痛感した。

ランカオ。 山の裏とかそんな意味らしい。 演劇なんだけど、独特の世界観だった。 日本とタイの舞台の役者さんが4人ずつ。 ひとりは音楽が専門だ。 舞台を駆け回り、踊り、世界を表現して、吸い込まれるような感覚を、人間のベーシックな力だけで作れるんだ…

「自分管理」が足りん..!

ブログを3日に一回は書くと決めた、にもかかわらず、9日も開いてしまった! 大して読まれてはいないけどね..! 半分くらいは、自分の心や四畳半商店のことを伝える場として、ブログを書いてる。 個人事業主であると、会社のように上司も部下もいない。 今は一…

「失敗しても死ぬわけじゃないんだから、もっと失敗しても良いじゃない」に励まされた今日。

車の中で、Podcastを聴いていました。 いつも運転の時聴くんです。 毎日の様に聴くのは、 「マット竹内さんの1日5分ビジネス英語」 ほんと毎回救われている。 英語の記事も面白い、最新の情報ばかりで素晴らしいです。 聴いている方はお分かりでしょうが、番…

女性の感性が必要だと感じた今日

カゴアミドリさんでの「かごイチ」1日目終わりました。 今回も色々と勉強になって、自分の感覚だけに頼ってはいけないのかもなっと少し考えさせられました。 僕は割と「良い」と思ったら、使い道など考えず買ってしまう事があります。 コートジボワールのプ…

Iraya Mangyan 族の編みかご作りを訪ねて〜最終話〜

Malouさんちは集落の一番奥のあたりにあった。 ただでさえ静かな集落だが、ここはとても静かだった。 少し先にある山が見渡せるような、傾斜に面して建っている。 調理場の上に乾燥させるために、ニトやサリンパゴが置いてあった。 「3週間くらいは乾燥させ…

Iraya Mangyan 族の編みかご作りを訪ねて〜その3〜

集会所を出て、村を歩いてみることに。 山の斜面に平地を作って、そこに竹や椰子の葉でできた家が建っている。 大雨が来たらどう過ごしているんだろう、と少し心配になった。 実際去年の10月に訪ねたAlangan Mangyanの集落は、台風で家屋に大きな被害があり…

Iraya Mangyan 族の編みかご作りを訪ねて〜その2〜

集落に着くと、村の集会所に通されてひとまず休憩させて貰った。 上の写真の女性はMalouさん。 ガイドのLucyのお姉さんだ。 この集落Lapantay出身で、完成した籠の取りまとめ役でMangyan Mission に届けているのも彼女の役目だ。 英語も理解して、少し話すこ…

Iraya Mangyan 族の編みかご作りを訪ねて〜その1〜

フィリピン・ミンドロ島東ミンドロ州の最北部がIraya Mangyan族のエリアだ。 プエルトガレラというミンドロ島のビーチリゾートがある地域と同じだ。 今回は僕が取引している、カラパン市のMangyan missionの支援先集落に訪問させて貰った。 以前にもIraya ma…

地元埼玉の羽生市にある「武州中島紺屋」さんを訪ね、藍染を体験してきました。

埼玉県羽生市の伝統工芸・武州正藍染を今現在も続ける武州中島紺屋さんを訪ねた。 訪問の目的は四畳半商店で扱う、フィリピンの手織りブランケットの藍染バージョンを商品化できるか試したかったからだ。 池袋リビングループの際に、Every denim さんの藍染…

ブランドとはなんぞや

他ではやっていないこと。 差別化できること。 信念を持つこと。 それをお客さんに伝えていくこと。 それがブランドの価値になる。 価値を商品と共に提供すること。 そのために様々な方法、場面で価値を見せて、感覚的に理解してもらわなければいけない。 一…

フィリピン・カダクラン村の手編み箒作りを訪ねた。〜その5〜

箒作りを一から見せてくれたので、紹介したい。 まずは穂の部分を作る。 乾燥させたタイガーグラスを、専用のメジャーで一定の大きさにする。 「これは私の担当なの」 と妻のRudさんが手伝う。 道具も自分達で工夫して作っている。 Uの字の部分に穂を詰めて…

フィリピン・カダクラン村の手編み箒作りを訪ねた。〜その4〜

箒作りの工房はSamaさんの為の整った場所だった。 ひとりで作業するにはちょうどいい大きさの部屋だ。 幅の広い木のベンチと、向かいには火を起こす場がある。 その上の棚にラタンやアノスなどの編みの材を燻蒸して使っている。 持ち手の編み込みはラタン。 …

フィリピン・カダクラン村の手編み箒作りを訪ねた。〜その3〜

タイガーグラス農園はすぐ家の先だった。 急な傾斜のある丘を歩いて行くと、コーヒーも栽培されていた。 もともと兄のAshleyさんはコーヒー栽培で反町さんと出会っている。 Samaさんも家族用に少しコーヒー栽培をしているようだ。 タイガーグラスも影を作り…

フィリピン・カダクラン村の手編み箒作りを訪ねた。〜その1〜

マニラからボントックへバスで北上し約6時間。 ボントックからオフロード仕様のジープニーに乗り換え山道を4時間。 雨季で霧深く、半袖では少し肌寒かった。 そしてとても田舎だ。 Barilig町の中のKadaclan(カダクラン)という村。 人口約2000人ほどの小さな…

もっと高くても良い〜フィリピンのオーガニックコーヒー農家を訪ねて〜

Tala guest house主催、Cordillera Green Network(CGN)の支援するコーヒー スタディツアーに初参加してきた。(2018-1/27-28) バギオからジープニーに1時間揺られ、山岳地帯イバロイ族のコーヒー農家さんの農園へ。 大規模な農園ではなく、個人の小さな農家さ…

2日目サンタロサへ。

マイクさん&ちとせさんちでゆっくり。 美味しいおでんをいただきながら、フィリピン事情を色々聞けた。 そして商いの事も。 実際に僕の目で見て、商品を仕入れる事が大原則だというお話。 僕の扱う民族のものや手しごとのものなんかは特にそうだ。 ちゃんと…

フィリピン無事着きました。

午前2時ホテル着。 遅延でこんな時間に。 今度は昼間の便にしてみようか。 ジェットスターも飽きてきた。 安さじゃ一番だけども。 kindleの読み上げ機能で読書ははかどった。 けどシートは狭くて脚がむくんでた。 マニラは特に変わって無い気がする。 早速Ag…

明日からフィリピンにおります〜2月初旬まで。

今回のフィリピン滞在は約2週間。 Cordiliella Green Networkのオーガニックコーヒー豆のスタディツアー、カタグラン村の手作りホウキの生産者訪問、二人で織る手織りブランケットの産地訪問、マンギャン族の新たなコミュニティ訪問、協力隊時代の任地だった…

商品の見せ方を変えてみよう。

モノ置きすぎだ。 数置けば、その分売れたり、見やすいかと言ったらそうじゃないよね。 「もったいない」って思っていっぱいのせちゃう。 そんな悪くないけど、もっときれいな見せ方が出来るなっと、昨日隣で南アフリカの陶器を売ってたレスリさんと話してて…

テーブルのリメイク納めました。

「テーブルのリメイクもできる?」 リメイクは初だったけど、もちろんやります。 「脚を折り畳みに。天板を小さく」というご希望でした。 サイドテーブルにも、赤ん坊のベッドにも!? とにかく完成。 わかりずらいけど、最初のは脚が板でエックスに組まれて…

‪地元埼玉の古物市場へ。手が生むモノは世代を一周して、また復活する。

‪ 初めて地元埼玉の古物市場へ行った。‬ 「競り」には独特のかけ合いがあって、「センマイ」が1250円で、「ヒャッカン」が3500円だとか。 誰もいなければ、「ハイ」と言って最安値で落札できる。 けど「売り手に配慮する」という暗黙のルールがあって、普通…

人と会う。縁がある。それだけで生きてける気がする。

2度目のSTAND GINZA終わりました。 個人で事業を始めて6ヶ月目?くらい。 イベント出店の中で出逢う皆様との繋がりがあるだけで、もう安心する。 初めて会ったばかりだけど、何か目的持って、向かってる人達と繋がれる事にとても感謝している。 僕は人と本当…

今日もたくさんの出逢いに感謝。

今日から2度目のSTAND GINZA出店。 土日は初めて。 お客さんは正直そんな多くなかった。 けど長くお客さんと関われるのが良い。 改めて、「社会に関わっている」という実感がある。 平日自宅で引きこもって仕事してたせいか、人と会い、少しずつ繋がっていく…

商売って難しい。

「時と場で全然違う」 ほんとにそうだった。 PARCO吉祥寺。 今回、ぶっちゃけ全然売れてない。 けど中には興味もって頂き、少し出ました。 お客さんの流れは早い。 人通りは多い。 けど見ていただけるかは別だ。 良い物が良い値段で売れない時代かあ。 うま…

まずやってみよう。やりながら軌道修正しよう。

今やる事がたくさんある。 子育てとか。 うそ。 写真は友人の赤ん坊。 けどまだ売上に直結してない事ばかり。 HPの内容とか、パッケージングとか、POP作成とか、新商品を考えたり、展示用の什器の変更したり、他にも細かい業務がいっぱいだ。 そして優先順位…

値段がやっぱり難しい。すいません、すこし上がります。

2017年、今年の9月から本格的にフィリピンの民藝品を中心に日用雑貨品の小売を始めた訳ですが、当初から僕の頭を悩ませている「モノの値段」に最近も時間を割いてしまっています。 事業を始めてから今日までの4カ月弱(10月はフィリピンに居りましたが)で、ほ…

完璧じゃないのが心地いい

古道具をヤフオクで買った。 杉の木箱だ。 8ミリくらいの薄い杉板を釘で打ってできた簡素な作りだ。 木箱の内側の底を見ると、奥まっているように見えて、「欠けてるのかな?」と思い、よく見てみた。 わかりずらいけど、奥に斜めになっている。 よく見たら…

お金儲けは必要だけど、やっぱりそれを一番にしたくない

僕はお金儲けがしたくて四畳半商店を始めたわけじゃない。 もちろん事業を継続する為に、お金は必要だけど、良い靴が欲しいとか、高い時計をつけたいとか、そんな事は全然興味無いし、面白くない。 単純に言うと、フィリピンから製品を輸入して、日本で売っ…

「カゴアミドリ」さんを訪ねて。

今日はearthgardenでお知り合いになったAPLAの野川さんから紹介していただいたカゴアミドリの伊藤さんにお会いしてきました。 マンギャン族のカゴを4つばかり持って行って、どんな風にお店をやられているのかなと思いながら、初めて国立駅に降りました。 建…