四畳半商店 店主ドードーの日記

四畳半商店の事と心のうちを出しています。

グリーフワーク。他人に言えない事もある。

僕は中学生のとき、他人に暴力をふるったり、万引きしたり、親の金を盗んだり、悪いことをしていた。 両親のセックスを寝たふりして耐えた話があったが、おそらくそれに近いことは、もっと小さい時、幼稚園くらいから日常にあったのではないかと思う。 おそ…

グリーフワーク。中学生の時の話

中学校の時の家での思い出は、なんだったか考えていた。 思い出はなかなか出てこないけど、 中学校一年の入学式か。 保護者と生徒で集合写真を撮った。 僕は背が高かったから後ろの列に立ち、その後ろにひな壇状に、保護者の1列目が立って並んだ。 偶然か、…

今日は少し気分が戻ったようで。

アダルトチルドレンのワークのお陰か、今日は少し気が楽だ。 自然でいられる気がしている。 少しずうずうしくなれた。 今日は熊谷で出店だったけど、お客さんともなんだか自然に話せた。 生意気で嫌われる事が多いなと自分のことを思っていたけど、もう良い…

過去にあったことを文章にして、客観的に捉えるワーク。

自分の家族で起きていたことを、しっかり文章化して、視覚化して、客観視することが、まず第一歩だそう。 僕の記憶の限りで、今現在思い出せることを書いてみたけど、全部は多すぎて載せられないから、抜選して少し公開したい。 親父が酔っ払って、母へ暴力…

アダルトチルドレンのワーク step4前半 をした。

ワークの目的は、心の傷を癒す事で、親を責めるものでは決してない。 責めたところで、傷は癒えない。 傷を癒して、それを乗り越えた経験が大事なのであり、その乗り越えた先で、本来の自分に出逢えるはず。 事実として、客観的に捉え、受け止める事だ。 親…

アダルトチルドレンのワークstep2をした。

アダルト・チルドレン 癒しのワークブック―本当の自分を取りもどす16の方法 作者: 西尾和美 出版社/メーカー: 学陽書房 発売日: 1998/05/01 メディア: 単行本 購入: 6人 クリック: 26回 この商品を含むブログ (6件) を見る アダルトチルドレンのワークに取り…

自分を信じるの瞑想

信じる事 自分を信じる事 自分は自分で良いという事を認めてやること 自分のままでいい 多少人に嫌われるだろうけど 自分らしくいたい 理屈ではわかる まだ心が追いついてない 瞑想を、座禅をまたし始めた 本当の自分を心の中で探す いろんな過去が思い出さ…

最近力がでないようだ。

ここ数日、なんだか力がでない感じがする。 意欲が湧かないかんじ。 出店があれば多少はやるぞっとなる。 無い日はもっぱら読書だ。 ひたすら読書をしているの。 暑いから、外に出たくないとか、自分にいろんな口実を作って、本を読んでいる。 今日は児童心…

優しい人になりたいな

優しい人になりたいな。 人に優しくされた時に、そんな風に思った。 今日は暑くて、一日中横浜のみなとみらいで出店して、朝からすごく疲れていた。 出店者さんとコミュニケーションする力も無くて、自分のことで精一杯だった。 明るくて元気で、声かけるコ…

「俺だ」と思った。共依存とアダルトチルドレン

ここ数日、少し朝すぐ起きれなかった。 二度寝してしまう。 と言っても、9時までには起きている。 昨日から6:30起きにまた戻し始めた。 やっぱり気持ちが良い。 8時頃起きると、その日はもう損した気分になる。 けど6:30に起きて、朝日を浴びに外出たりして…

「価値ないよね」〜川越のすずのやの出逢い〜

「全く価値がない。もしただフィリピンのカゴを売る雑貨屋なら」 その通りだと思った。 そして本当はそんな風になりたいわけない。 けど実際に「売れない」という事実が続くと、僕の考えている世界は否定されているのかもと思い始める。 理想がどこか後ろの…

風の匂いが懐かしい

魂がブルブルした感覚 心が震えた時の感覚 ぞくぞくした時の感覚 ネイティブ・アメリカンのトーテムポールを神様だと思った時 マンギャン族の純粋さを感じた時 栃木の古民家の縁側で過ごした時 見えるもの。 聞こえるもの。 そこで感じた匂い。 手や足で感じ…

「衝撃を受けた」その時感じた衝動を忘れないように

心がゾクゾクする、ワクワクする感覚を忘れてはいけないと今日改めて思った。 フィリピンで先住民の作り出すモノの持つ力、アメリカのネイティブアメリカンのトーテムポール、小さい頃に過ごした日本の古民家の暮らし。 理屈は抜きで、ガンッと心臓の下くら…

自然でいること

自分という人間を客観的にコントロールしないと、どんどんひとりになっていくようで、それは悪い事じゃないとは思うけど、もうひとりの自分は、それは皆んなとは違いんじゃない?って言ってたりする。 僕は改めてひとりで居ることがあまりにも自然になってい…

愛ってなんだろう

愛するが僕の人生の最大のテーマだ。 人間として生まれて、僕は何を糧に生きていくのだろうと、ふと心が驚く事がある。 人を愛する事。 みんな結婚して子供が出来て、家族になる。 どんな気持ちで毎日過ごすのかな。 僕は愛がどういうものか、全くわからない…

自分の役目は何か。と考えすぎて、結局まだわからない。けどやっぱこれか。

いよいよお金というモノが、少なくなってきて、いよいよ俺のやりたいことはどうなんだろうと思ってきた。 とはいえまだ半年しか経ってないし、家にこもってHPや販売の準備に追われて、ちゃんとPRはまだ出来てない。 心が少し、あれって思ってるのかもしれな…

33歳になりました。今日は自分のものづくりを一日中考える日になってました。

一年はほんと早い。 とはいえ去年の誕生日は何してたんだか覚えてない。 だいたいふつうに過ごしてる。 今日は実家でゆっくり。 おかんの誕生日が昨日で、妹と姪っ子と少し祝いした。 今日は少しゆるい感じで一日を過ごした。 モノが溢れる時代に、何を作っ…

フィリピンと日本の手しごとを繋ぐように

少し不安が心に現れだしてた。 ここ数週間はそんな感じ。 自分の思う世界がうまく表せず、伝えられずにいたのかもしれない。 伝えようとはしているけど、正しい方法じゃなかったのかもしれない。 全然噛み合ってなくて、とても弱い。 それ故に、反応も少ない…

ちょっと時々不安になる。

お金を借りて、事業を始めたわけだけど、まだ軌道に乗っていないし、借りたお金はどんどん減っていくし、少し不安が心の中に現れることが増えてきた。 よくやってるなあって他のお店見ると思う。 まだ自分のモノづくりを出せていない。 自分の得意とフィリピ…

30過ぎて、涙もろくなったようで。

二十代とは違う、三十代の感受性というか! 感じる幅や深さが大きくなっていく。 ピンポイントだとやばい。 お酒が入ってると、心がゆるむのかな。 涙は悪いことじゃない。 けどあんま人前で泣くとみっともない。 たまには良いんだと認めてる。 人間ぽいし、…

自分らしくいる事

心が行ったり来たりしている。 自分らしくいる事を出来ずにいる自分に気付いている。 フィリピン3年目の頃は、自分らしくいれた気がしている。 他人に気を使う余りに、自分じゃない姿で立ち振る舞ってしまう癖が、自分にはある。 どこまで自然かよくわかって…

人と会う。縁がある。それだけで生きてける気がする。

2度目のSTAND GINZA終わりました。 個人で事業を始めて6ヶ月目?くらい。 イベント出店の中で出逢う皆様との繋がりがあるだけで、もう安心する。 初めて会ったばかりだけど、何か目的持って、向かってる人達と繋がれる事にとても感謝している。 僕は人と本当…

何が作りたいのかよく分からない。

「自分のものづくりをしよう」と思っているけど、今何かを作りたいというものが出てこない。 学生の頃は毎日「作ること」が楽しくて、夢中だったのだけど。 今は「作る」時じゃないのかもしれない。 モノで溢れる世の中だ。 古い家具や違う文化のモノをもっ…

「悲しみをネタに」そろそろそんな時だ。

25日からSTAND GINZAで出店中。 28日まで! 23-24日の土日の盛況から一転、お客さんの数自体はカラッカラの今日までの二日間だけど、めちゃくちゃ出逢いが多かった。 これはこういう出店ならではだ。 来ていただいたお客様との交流時間が取れるから、暇な日…

「毒になる親」読んだ。「精神的な虐待」はもっと認知されなければならないと思った。

最近、読書自体全然出来てなかった。 しかもこの本は僕にとって、とても繋がりすぎてて、 読んでは止まって、自分の心に問いかけて、色々な事を考えて、、 で、また再開する感じで全然読み進められなかった。 内容は思い当たるところが多々あり、また何度か…

完璧じゃないのが心地いい

古道具をヤフオクで買った。 杉の木箱だ。 8ミリくらいの薄い杉板を釘で打ってできた簡素な作りだ。 木箱の内側の底を見ると、奥まっているように見えて、「欠けてるのかな?」と思い、よく見てみた。 わかりずらいけど、奥に斜めになっている。 よく見たら…

お金儲けは必要だけど、やっぱりそれを一番にしたくない

僕はお金儲けがしたくて四畳半商店を始めたわけじゃない。 もちろん事業を継続する為に、お金は必要だけど、良い靴が欲しいとか、高い時計をつけたいとか、そんな事は全然興味無いし、面白くない。 単純に言うと、フィリピンから製品を輸入して、日本で売っ…

優しい人が多いと感じられるようになってきた。

今日は6時クラブどころか5:30起きで、とても寒い朝だった。けど気持ち良い朝だった! 今日はサニトラにETCを付けたり、中部森林組合で頼んだ杉を買いに行ったり、合間はウェブサイトの内容を作ったり。 「もう夜か..!」と毎日のように思う。 時間は早い。そ…

やっぱ「和」が好きだ。

今日はまた地元男衾に戻って来た。 イベントの展示什器を製作するためだ。 学生時代から行ってた都幾川の骨董屋さんで展示用の衣桁を買ったり、網代編みの竹籠買ったり、衝立なんかも頂いて本当楽しかった! 改めて日本の外に出た事で、より日本のことが知り…

僕は自分の心に、正直に生きているのか

僕は何がしたいのか。 僕だから出来る事は何だろうか。 僕にしか出来ない事は何だろうか。 自分の感性で良いと思う事を一番大事にして良いのか。 どこか頭の片隅で、売れる売れないというものの見方をしている事がある。 事業を続けていきたいからだ。 お金…