四畳半商店 店主ドードーの日記

四畳半商店の事と心のうちを出しています。

「忙しい」をやめます

「時間がない」 「忙しい」 を止めよう。 いつも僕は急き立てられるような気持ちが止まらなくて、 特に個人で仕事し始めてから、 あれもこれもと、しなければってものが際限ない そしていつになっても休まない。 休むといっても、少し寝るとか、 結局本読ん…

瞑想も今年の習慣化に

シータヒーリングの中で瞑想のことがあった。 というかヒーリング中はシータ波でいるから、それが瞑想状態で、 すごく心地よくて、頭がぽーっとして眠くなる。 自然の力とつながる感覚なのかな 瞑想は気持ちが落ち着く。 心を整える良い方法なんだろう。 自…

シータヒーリング基礎3日目終了!

シータヒーリング基礎の3日目が終わりました! 学びが多すぎて凄い..!w 人間の精神と宇宙の真理。 何を信じるか。 過去を掘り下げる。 脳。 イメージ、想像の力。 色々めちゃくちゃあって、面白かった! 僕は出逢うべくして彼女に出会ったんだと思うし、 け…

新しい世界へ一歩。シータヒーリング基礎 2日目終わりました。

今日はシータヒーリングの基礎2日目。 とにかく、初めての知識や世界でインプットがたくさん。 宇宙の仕組みも、人の心の仕組みも、 世界全体の仕組みも、全部面白かった! 今日しっかり寝て、記憶に定着していくだろうな。 さらに、本を読んでいるだけ、で…

シータヒーリングを学ぶぞ。

今日はシータヒーリング基礎講座を学びに。 「シータヒーリングってなに??」 僕も全く知らなかった。 そのシータヒーリングの講師をしているのが、今お付き合いさせて頂いている方で。 多分、何かの縁なんだと思う。 なんだか不思議に自然な関係なんだよな…

萎縮・自分じゃなくなる時、心の荒れを見届ける

長い英語の研修でした。 おそらく最後の研修で、次は本部のえらい人の前でデモレッスンをして、合否が決まるそう。 今日はスピーキングのレッスンについて ざっと流れを説明され、すぐにデモレッスンをしていく。 頭や心の中に残像が残っていて、 それは初日…

2019は丁寧に

今日夕方くらいから、今年どういくか考えていた。 去年は当たって砕けてきたので 今年はむやみに当たらないで、しっかり丁寧に向かいたい 英語も継続して再勉強したい 大学の時間も確保したい 家具の製作も広げていきたい。 古民家もまずは住めるように、 な…

大失態ギリギリ。神さまの抜き打ちテストか。

今日は思い切り間違いをした。 「日本の木で作るピアス&イヤリングワークショップ」に使う、「木」の材料をそのまま埼玉の工場に起き忘れていたのを、今朝の11:30に気付いた。 ワークショップ開始予定は13:30。 川島まで片道55分。 とにかく急いで戻って往…

結婚していく皆んな

結婚していく、地元のやつら。 ベイビーを授かり、家族になっていく。 結婚とはどんなものなんだろう。 ずっと一緒にいられるような、気の合う 、心のおける相手に出会うものなのか。 はたまた、そういう相手に相互になっていくものでもあるのか。 それが許…

謙虚に。忘れないように。

年賀状が書き終わらなかった。 今書いてる。 元旦には間に合わないかもしれないけど、明日だそう。 今日の夕方は英語講師の研修だった。 正直に、朝から、というかこの一週間が憂鬱だった。 先生と喧嘩して、終わり際泣いて、心が少し緩んで別れたのだけれど…

「ものづくり」は自分と向き合うこと?

今日はbon art villageさんのインタビューを雑司が谷の展示室さんで受けました。 色々ブログも見てくれてくださって、嬉し恥ずかし。 たくさん話しをしてしまって、少し申し訳無い気分だけど、たくさん聞いてくださって嬉しくおもいました。 人がものをつく…

久しぶりに喧嘩しました。殴り合いではありません。そして泣きました。

英会話学校の講師研修で研修教官と喧嘩しました。 言い争いとまではいきませんが、険悪な状況でした。 研修ではデモレッスンのプランを考えて即興で行うというものでした。 教官のイメージしている条件の範囲と僕のプランや方法があまりにもかけ離れ、それに…

行くまで嫌だけど、会うと結局助けられてる人、人、人。

今日は柏の葉t-siteでクリスマスマルシェだった。 今回の申し込みは担当者と相互に連絡が一ヶ月以上も取れず、直前で出店が決まった。 対応すべき、改善すべき点、反省点は多々あり、誰が悪いという話ではなく、お互いが甘かったと思う。 この件があって、電…

自分で感情を処理できない時がまだある、今日はそんな日だった。

精神的に疲れている。 イライラして、ストレスが掛かってる感覚。 原因は複合的にあるけど、とにかくやることが多くて、やりたいことが進まない。 本来はやらなくてはいけないことだし、全て必要なものだから、やりたいと面白がってやるべきものだ。 それを…

機能不全家族な思い出を吐き出すの巻

グリーフワーク(嘆きの過程)は、理論などでは無く、感情で溜まったものも出す作業だそうだ。 グリーフワークを知らなかったけど、今まですでにいくつかの話はブログにも書いて来たし、友達にも話せたりして来ているが、 もっと思い出して書いてみた。 母親は…

グリーフワーク。他人に言えない事もある。

僕は中学生のとき、他人に暴力をふるったり、万引きしたり、親の金を盗んだり、悪いことをしていた。 両親のセックスを寝たふりして耐えた話があったが、おそらくそれに近いことは、もっと小さい時、幼稚園くらいから日常にあったのではないかと思う。 おそ…

グリーフワーク。中学生の時の話

中学校の時の家での思い出は、なんだったか考えていた。 思い出はなかなか出てこないけど、 中学校一年の入学式か。 保護者と生徒で集合写真を撮った。 僕は背が高かったから後ろの列に立ち、その後ろにひな壇状に、保護者の1列目が立って並んだ。 偶然か、…

今日は少し気分が戻ったようで。

アダルトチルドレンのワークのお陰か、今日は少し気が楽だ。 自然でいられる気がしている。 少しずうずうしくなれた。 今日は熊谷で出店だったけど、お客さんともなんだか自然に話せた。 生意気で嫌われる事が多いなと自分のことを思っていたけど、もう良い…

過去にあったことを文章にして、客観的に捉えるワーク。

自分の家族で起きていたことを、しっかり文章化して、視覚化して、客観視することが、まず第一歩だそう。 僕の記憶の限りで、今現在思い出せることを書いてみたけど、全部は多すぎて載せられないから、抜選して少し公開したい。 親父が酔っ払って、母へ暴力…

アダルトチルドレンのワーク step4前半 をした。

ワークの目的は、心の傷を癒す事で、親を責めるものでは決してない。 責めたところで、傷は癒えない。 傷を癒して、それを乗り越えた経験が大事なのであり、その乗り越えた先で、本来の自分に出逢えるはず。 事実として、客観的に捉え、受け止める事だ。 親…

アダルトチルドレンのワークstep2をした。

アダルト・チルドレン 癒しのワークブック―本当の自分を取りもどす16の方法 作者: 西尾和美 出版社/メーカー: 学陽書房 発売日: 1998/05/01 メディア: 単行本 購入: 6人 クリック: 26回 この商品を含むブログ (6件) を見る アダルトチルドレンのワークに取り…

自分を信じるの瞑想

信じる事 自分を信じる事 自分は自分で良いという事を認めてやること 自分のままでいい 多少人に嫌われるだろうけど 自分らしくいたい 理屈ではわかる まだ心が追いついてない 瞑想を、座禅をまたし始めた 本当の自分を心の中で探す いろんな過去が思い出さ…

最近力がでないようだ。

ここ数日、なんだか力がでない感じがする。 意欲が湧かないかんじ。 出店があれば多少はやるぞっとなる。 無い日はもっぱら読書だ。 ひたすら読書をしているの。 暑いから、外に出たくないとか、自分にいろんな口実を作って、本を読んでいる。 今日は児童心…

優しい人になりたいな

優しい人になりたいな。 人に優しくされた時に、そんな風に思った。 今日は暑くて、一日中横浜のみなとみらいで出店して、朝からすごく疲れていた。 出店者さんとコミュニケーションする力も無くて、自分のことで精一杯だった。 明るくて元気で、声かけるコ…

「俺だ」と思った。共依存とアダルトチルドレン

ここ数日、少し朝すぐ起きれなかった。 二度寝してしまう。 と言っても、9時までには起きている。 昨日から6:30起きにまた戻し始めた。 やっぱり気持ちが良い。 8時頃起きると、その日はもう損した気分になる。 けど6:30に起きて、朝日を浴びに外出たりして…

「価値ないよね」〜川越のすずのやの出逢い〜

「全く価値がない。もしただフィリピンのカゴを売る雑貨屋なら」 その通りだと思った。 そして本当はそんな風になりたいわけない。 けど実際に「売れない」という事実が続くと、僕の考えている世界は否定されているのかもと思い始める。 理想がどこか後ろの…

風の匂いが懐かしい

魂がブルブルした感覚 心が震えた時の感覚 ぞくぞくした時の感覚 ネイティブ・アメリカンのトーテムポールを神様だと思った時 マンギャン族の純粋さを感じた時 栃木の古民家の縁側で過ごした時 見えるもの。 聞こえるもの。 そこで感じた匂い。 手や足で感じ…

「衝撃を受けた」その時感じた衝動を忘れないように

心がゾクゾクする、ワクワクする感覚を忘れてはいけないと今日改めて思った。 フィリピンで先住民の作り出すモノの持つ力、アメリカのネイティブアメリカンのトーテムポール、小さい頃に過ごした日本の古民家の暮らし。 理屈は抜きで、ガンッと心臓の下くら…

自然でいること

自分という人間を客観的にコントロールしないと、どんどんひとりになっていくようで、それは悪い事じゃないとは思うけど、もうひとりの自分は、それは皆んなとは違いんじゃない?って言ってたりする。 僕は改めてひとりで居ることがあまりにも自然になってい…

愛ってなんだろう

愛するが僕の人生の最大のテーマだ。 人間として生まれて、僕は何を糧に生きていくのだろうと、ふと心が驚く事がある。 人を愛する事。 みんな結婚して子供が出来て、家族になる。 どんな気持ちで毎日過ごすのかな。 僕は愛がどういうものか、全くわからない…