四畳半商店 店主ドードーの日記

四畳半商店の事と心のうちを出しています。

バナウェからラワグへ!一日かかったけど着いた(・ω・)ノ

バナウェから朝5時のバスでサガダへ

f:id:dodosachio:20171009235833j:image

バナウェの街中の階段上がった先の観光案内所の前から、サガダにバスが出てると聞いた。朝4−5時のと、朝8時のバンが近くから出ているそう。

僕はラワグまで行きたかったので、朝4時に起きたけど、ホテルのマムが4時45分頃に起きて案内所のところに着いた時には、もうバスは出ていた。。

しかし、もう一本あるとのことで、少し待つと5時半頃にバスが来た!

 

バギオを通らず最短で行きたいと思い参考にしたブログ

この旅人Reyさんのブログを大いに参考にしました!ありがとうございました。


僕の場合は旅人Reyさんの逆方向だけど、問題なくいけました!

pupurun.com

 BanaueーSagadaーBaukoーCervantesーBitalagーLaoag とラワグに着いたのは19:30。

f:id:dodosachio:20171010000413j:image

道はめっちゃ山道。


上下左右揺れる。


山超えて雲の中を抜けて行った。
ガンガン揺れるので、車酔いするタイプの僕みたいな男はバンの助手席に座った方が良い(・ω・)ノ
かなり違うので、みんな大丈夫だろう。


そして、常に何か軽く食べた方がいい。
空腹だと気持ち悪くなるから、町ごとにおやつを間食していた。

 

以下詳細。まずは、

 BanaueーSagada バスで300ペソだったか(・ω・)ノ

f:id:dodosachio:20171010103752j:image

乗り心地の良いバスだった。


マニラから来たらしく、人ももう少なかった。


リクライニングを倒して、半寝状態で快適でした。

 

 SagadaーBauko バンで70ペソだったかな(・ω・)ノ

f:id:dodosachio:20171010093437j:image

サガダ街中のバスで下ろされたところで、バンも数台並んでいる。


Baukoと車のフロントに掛かっているし、「ビガン行きたいんだけど」というと、じゃあボウコ行って次乗り換えねって教えてくれる。
f:id:dodosachio:20171010093955j:image
ボウコでは旅人Reyさんの言ってたコーヒー見つける暇なかったな。


けど景色すごくキレイだった。


f:id:dodosachio:20171010093648j:image
もちコメの揚げまんじゅうの串刺しみたいのもシンプルでうまかった。

BaukoCervantes バンで50ペソだったと思う(・ω・)ノ

f:id:dodosachio:20171010094649j:image

 

運転の荒いやつだった。

そのぶん早かったけども。


f:id:dodosachio:20171010094844j:image

 

降ろされたところにもうビタラック行きのバンが待ってた。

 

f:id:dodosachio:20171010094920j:image

 

11時前についてて、予定には11:30とあったけど結局発車したのは12:30過ぎだった。


f:id:dodosachio:20171010095529j:image

 

ローカルのカンティーンで飯食った。

 

カリーとライスで80ペソ。ローカルにしちゃ、ちょい高かったな。

 

けどカリーめっちゃうまかった!

CervantesBitalag バンで150ペソなり(・ω・)ノ

f:id:dodosachio:20171010095742j:image

ここの間で山越えした。


道は荒いは、岩は落ちてるは、景色めっちゃいいわ、雲の上だしみたいなところだった。

 

f:id:dodosachio:20171010095956j:image

 

山の溝に家があったりで、木曽を思い出した。というかそっくりだ。

 

f:id:dodosachio:20171010100114j:image

 

ビタラックには15時前にはついたと思う。

 

BitalagーLaoag バスで254ペソ(・ω・)ノ

f:id:dodosachio:20171010100219j:image

 

こっからが地味に長かった。4時間弱乗ってたんじゃないかな。

 

バン降ろされたところは国道沿いで、バスはそこで待てば来るとのこと。

 

f:id:dodosachio:20171010100409j:image

ビガン行きからラワグ行きかどっちも来ると話してるそばから、ラワグ行きが来ちゃったので、そのまま乗り込んだ。

 

映画二本分いたけど、終盤は冷房が寒くてきつかったが、『道は開ける』読んでいたら自分の苦しみなんて、幸せそのものだと気合を入れて貧乏ゆすりしてみた。

 

バスは普通の道だったので、少しうとうと寝ることもできた。

結局、824ペソで約14時間(5:00-19:00)!

バギオ経由でラワグだともっとかかるのだろか。


まあ予定より一日早くつけたので、何より良かった!

殻を破れ!話して鍛える、英語コーチングメルマガ
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス