四畳半商店 店主ドードーの日記

四畳半商店の事と心のうちを出しています。

カケンの結果....バンガー・ラ・ユニオンのブランケットがポリエステル100%だったけど、僕はこのブランケットのものづくりを継続して応援していきたいと思います。

f:id:dodosachio:20171123193846j:plain

ブランケットはポリエステルだった。。

「フィリピンの工芸」を雑司が谷の「展示室」さんで開催真っ最中ですが、先日カケンセンター(布製品の品質検査機関)に依頼していた、ブランケットの組成検査結果が昨日出ました。

 

布製品には、綿何%とかタグにつけなくてはいけないので、日本で検査したんです!

 

結果は、ポリエステル100%。

端のレースの部分がポリ95%の綿5%くらい。

 

「やっぱり...」

というのが感想でした。

 

というのも事前の生産者とのやり取りの中で、ポリエステルのであるという表記がyarnに表示されているのを見つけたと連絡があったためです。

 

先月訪問した際にはまだはっきり言及せず、「綿50%ポリ50%じゃないか」ということを話していたんだけど、やっぱりかという感じでした。

f:id:dodosachio:20171123200028j:plain

なぜか、触り心地は良い!!

しかしながら実際にブランケットに触れてみた方はわかると思いますが、とても柔らかな肌触りで、自然な風合いを持っており、「綿」だろうと思うほど肌に馴染むのが不思議です。

 

「展示室」の久保さんにお話を伺ったところ、

 

「手織りと機械織りでは、肌で触った感触が全然違う」と。

 

「手織りのものは、ほど良い隙間ができて、肌に馴染む良い感触が生まれる」とのこと。

 

四畳半商店の扱うブランケットには非常に合点のいくお話でした。

 

「逆に”手織り”なのに”ポリエステル”使っているっていうのが面白いよね」と笑いながらお話ししてくれました。

 

ポリエステルの糸で手間掛けて手織りしていて、技術や織り方は工芸品って言えるのに素材が化学繊維ってなんじゃそりゃってかんじだよなと..w

f:id:dodosachio:20171123201146p:plain

フィリピン織物産業の経緯

僕の知る限りでは、ブランケットの産地バンガー・ラ ユニオンのあるイロコス地方は、スペイン植民地時代に織物をスペインに輸出して織物産業が盛んになったという歴史があり、当時は「フィリピンコットン」を栽培し、使用していたそう。

 

先月の訪問の際には、

「当時は町で作られたブランケットを、みんな日常的に使っていたんだよ」と町の人が話してくれた。

 

しかしながら、外国製の化学繊維の安価な製品に少しずつ市場を奪われて、価格競争になり、コットンを栽培する農家や織物を織る職人もどんどん少なくなってきてしまった。

 

そんな背景から、安価なポリエステルの糸を使うようになったのかもしれません。

また「綿は切れやすく、扱いにくい」という長い幅のブランケットを製作する上での、特有の問題もあるようです。

 

f:id:dodosachio:20171123201556j:plain

初めて買ったブランケット。

この青の混じったブランケットは僕が約6年前にラワグで購入したものですが、生産地はバンガー・ラ ユニオンです。

 

この素敵な柄に一目惚れし、今でも大事に使用しています。

 

改めて、生産をお願いしたところ、もうお婆ちゃんしか作れないとのこと。。

 

若干織り方が特殊なもののようで、後継者もいない現状。

 

「高く買うから、試しに作ってみてくれませんか?」

 

という話をして最後は町を離れました。

f:id:dodosachio:20171123202626j:plain

フィリピンのピュアコットンを再生させようとしている動きが!

偶然にもマカティではフィリピンの織物の展示会「HABI」が行われており、今まで見たことのない「フィリピンピュアコットン」を発見しました!

f:id:dodosachio:20171123202759j:plain

話を聞くと、イロイロとイロコスsurにコットン農家があるとのこと!

 

「イロイロにあるんだ!」という驚きと、「これはいつか行かねば!」というワクワクに変わりました!

 

 

現在はブランんケットの生産者にもこの「フィリピンピュアコットン」の情報を共有し、ブランケットも昔のようにフィリピンのコットンで織れると良いねと話をして、とても前向きな返事をもらいました。

 

こんな長い話を聞いてくれるお客さんは本当にありがたいというか、お時間ありがとうございますと感謝でしかありません!

 

四畳半商店並びに僕は「人の手が生むモノづくり」が大好きなので、今は化学繊維を使わざるを得ないんだけど、それでもあの素晴らしい織の柄を絶やさず、残していけるように手助けしたいと考えております。

 

今の製品もポリエステルの長所を売りにしていく!

ポリエステルであるがゆえに、

 

”乾きやすい” ”シワになりにくい” ”縮まない” 

 

など用途によって適した使用法がたくさんあると、しもちゃんさんからアドバイスを受けました。

 

それをうまく生かした前向きな方法で当面はバンガーのブランケットをご紹介していこうと思っています!

 

全てが完璧じゃないけれど、良いものをより良くなるよう、応援していこうと思いました!

 

明日も展示室にて販売しております。

 

何卒宜しくお願い致します!