四畳半商店 店主ドードーの日記

四畳半商店の事と心のうちを出しています。

値段がやっぱり難しい。すいません、すこし上がります。

2017年、今年の9月から本格的にフィリピンの民藝品を中心に日用雑貨品の小売を始めた訳ですが、当初から僕の頭を悩ませている「モノの値段」に最近も時間を割いてしまっています。

 

事業を始めてから今日までの4カ月弱(10月はフィリピンに居りましたが)で、ほぼ毎週土日に展示販売をさせて頂きました。

 

雑司が谷の「展示室」や南池袋公園の「nest marche」、「earth garden 秋」などを運営している皆様ならびに、お越しに頂き僕の商品を見て、さらにはご購入していただいたお客様の皆様の貴重なご意見を広く拝聴する事ができ、大変感謝しております。

f:id:dodosachio:20171220130627j:image 

人の感性はモノの値段の判断においても様々であります。

 

「高いね。」と仰る方もいれば、

 

「これは安すぎない?」と教えてくれる方も。

 

「良いものなのに、この値段だと価値が無いように見えちゃう」

 

と率直なご意見を話していただいた方もいらっしゃいました。

 

僕自身、「商売」の経験は全くもってありません。

 

もっぱら「作る」が専門でしたが、フィリピンの3年目はCoco turtleを営業したり、事業の運営を支援したりで、「商売」をかじることができたくらいです。

 f:id:dodosachio:20171220130919j:image

「なるべく安くすれば、多くの人に買っていただけるかな」

 

「あまり高くすると悪い気がするな」

 

なんていう心の持ちようで、高い値段に躊躇しているの気持ちが常にありました。

 

早計かもしれませんが、今までの4ヶ月のように、「イベント参加のみで直接販売する」だけでは事業が難しいのかもなと考え出しました。

 

将来は直営店を持ちたいと思うけど、今の現実では資金はまだない。

 

ネット販売もこれから始める予定だけど、いずれにせよ他店に卸したり場所をお借りして出店したりすることが続くだろうと思います。

 

こういった商売の仕組みとして中間のコストは、どうしても大きくなります。

 

実際に計算したりすると、

「このままじゃほんと事業終わる..!」

と思ったり。

 

実際に輸入や各種経費、僕の生きるための飯代wなどお金はたくさん掛かる。

 

「卸で3-4割持ってかれても、利益がでるように」

 

というお言葉を現実的に考えなければいかんなと。

 

「ほかの人達も良くやってるよなーっ」と感心しながら、改めて「商売」を実感しておるところです。

 f:id:dodosachio:20171220131440j:image

さらにこの後にも及んで、イベントに来ていただいた方で「Line@」で四畳半商店にお友達になっていただくと「¥450円クーポン」が貰えます。

 

またショップカード付きで、さらに3ポイント貯まると小島染織工業さんで作って頂いた「四畳半商店手ぬぐい」もプレゼントしています。

 

「しまった。お初っ端からお金掛けすぎた」

 

と思っていますが、あとの祭りです。

 

まあ、僕は割と今強くなってきたので、簡単には事業は終わらせません!

 

気合いで乗り切ります!

 

今までのあいだににご購入していただいた皆さま大変ありがとうございます!

 

これから少し値段が上がっているものもあると思います。中には結構上がってるものもあります。

今までが安すすぎました。。

 

今後は僕が一番伝えなければいけない、その商品の価値や背景をもっとわかりやすくお伝えできるよう、細かな包装など改善して参ります。

f:id:dodosachio:20171220125848j:image

また現地にもっと関わる「現地活動」にも力を入れていきます!

 

安定したら、また何かで還元するつもりです!

 

「大丈夫か?」と思われるかもしれませんが、何でもやってやると思っています!

 

今後とも四畳半商店を何卒よろしくお願い致します!

 

 

 

殻を破れ!話して鍛える、英語コーチングメルマガ
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス