四畳半商店 店主ドードーの日記

四畳半商店の事と心のうちを出しています。

自然でいること

自分という人間を客観的にコントロールしないと、どんどんひとりになっていくようで、それは悪い事じゃないとは思うけど、もうひとりの自分は、それは皆んなとは違いんじゃない?って言ってたりする。

 

僕は改めてひとりで居ることがあまりにも自然になっている。

 

友達や誰かに誘われれば顔も出すし、遊ぶし、交流する。

 

どこか自分を守って、本当の自分を見せないようにしていまうことがまだある。

 

だからそれをもうひとりの自分が、もっとオープンに!ってなったり。

 

「愛するということ」という愛することに技術がいる、という本を今読んでいるけど、何か繋がったらいいな。

 

愛は僕の一生のテーマだな。

 

考えすぎず、とらわれず、無心で行こう自分。