四畳半商店 店主ドードーの日記

四畳半商店の事と心のうちを出しています。

グリーフワーク。中学生の時の話

中学校の時の家での思い出は、なんだったか考えていた。

 

思い出はなかなか出てこないけど、

 

中学校一年の入学式か。

 

保護者と生徒で集合写真を撮った。

 

僕は背が高かったから後ろの列に立ち、その後ろにひな壇状に、保護者の1列目が立って並んだ。

 

偶然か、近くにきたのか、おかんが僕の右後ろに並んだのだ。

 

「さっちゃん」

 

おかんは後ろから、幼稚園児を呼ぶような、甘ったるい声で僕を呼んだ。

 

僕はあの時の、ムズムズするような嫌悪感を、いまだに忘れられない

 

公の場における母親の態度と、家での態度のギャップに強い違和感と嫌悪を感じた。

 

家の外で、関わりのある他者の前ではいつもこうだった。

 

今まで聞いた事も無いような声。

 

人前にいる時だけ、仲の良い家族を演じさせる。

 

あの時の不快感はどう表現したら良いのだろう。

 

電話に出る時や郵便配達、近所の人など、家の外部の人との会話などでもそうだ。

 

多少は誰にでもあるかもしれない。

 

それでも極端な演技と演技後の変わりようを見ていると、おかんの何が本当なのかわからなくなっていた。

 

家では全然交流がなかったと思う。

 

うちの母親はコミュニケーションがうまく取れないんだろう。

 

カッとなりすく、料理をしてても、物を乱暴においたりすることがよくあった。

 

独り言も多かった。

 

夕食の準備をしながら、台所の窓に向かって独り言で誰かと話しているのを何度も見た。

 

笑ったり、質問したり、相づちを打ったりしている様子は、おかしいと思ったけど慣れてしまった。

 

おかんは、おかんにしか見えない相手と、ずっと会話を楽しんでいた。

 

親父と離婚する直前くらいだろうか。

 

僕は親父の財布から1、2万盗んで、よく友達と川越に遊びに行った。

 

何回か盗んで、おかんが「盗った人は明日までに仏様の封筒に入れて返すよう」

と僕ら兄妹に話した。

 

僕は返さないで、遊びに行った。

 

どう考えても僕がやっていると大方わかっていたはずだ。

 

なぜなら当時一階の居間に寝ていたのは、親父とおれだけだ。

 

実際親父が夜酔っ払って帰ってきて、寝静まった後に金を抜きとった。

 

おかんはおれに直接叱れなかったし、その後も何もなかった。

 

前のブログで万引きで捕まった事もあったと書いたけれど、その時おかんが店まで来て、謝って、学校にも警察にも連絡が行かず帰してもらった。

 

僕は泣いて、「いらねー」っと盗った商品をはたいた。

 

店の人は余計怒っていた。

 

おかんの車で、俺は助手席に座って帰った。

 

車の中でおかんは無言だった。

 

不機嫌そうな顔をしていた。

 

家に帰ってからも何も言わなかった。

 

俺が盗んだ商品は捨てられていた。

 

寂しかった。

 

万引きをしても、何も言ってもらえないんだと思うと、虚しかった。

 

長谷川博一先生の本に出てくる、子どものSOSのサインだった訳だけど、うちの場合は見過ごされてしまった。

 

時々思う。

 

僕は犯罪者と紙一重だなっと。

 

社会に出てからは、犯罪になるほど、自分を抑圧しないで生きてきた。

 

けど自分の中に時々悪がいるかもなって思う事がある。

 

向き合って、どうにかしたいとも思ってる。

 

どう向き合っていけば良いかは今模索しているけど、しっかり専門のカウンセラーに診てもらった方がいいのかもしれない。

 

子どもの頃のように、すっきりした気持ちで生きたいな。

 

こんな内容をブログに書いてて良いのかなと思うけど、少しでも外に放出したいから、誰が見てるかも知らないけど、今は自分のために、勝手に吐き出していきます。