四畳半商店 店主ドードーの日記

四畳半商店の事と心のうちを出しています。

東村山市富士見小学校で、青年海外協力隊のお話をしてきました。楽しかった!

f:id:dodosachio:20190130223911j:image

お疲れ様です。

 

やっとひと段落つけそうになりました。

 

今朝まで準備に追われていた、青年海外協力隊のプレゼンを東村山市富士見小学校の4時間目にさせていただき、無事終わりました。

 

小学校6年生の1組のみなさんの前で、「フィリピンと日本のつながり」をテーマにお話させて頂きました。

 

僕の活動の話はあまりせず、クイズ形式で組み立てましたが、序盤は反応があまり無くて、緊張しました..!

 

後半は徐々に参加してくれるようになって、給食の時間になると皆色々なことを聞いてくれたり、リラックスした様子。

 

f:id:dodosachio:20190130231104j:image

 

生徒たちを見ていて思ったのは、

 

「小学校6年生って意外と小さいなあ。けど普通に会話できるし、しっかりしてるな」

 

身体の大きさは気のせいかもしれないけど、給食を食べながら隣の席の子に話しかけると、丁寧な敬語でちゃんと受け答えしていて、すごいなあっと思いました。

 

3月卒業で受験する生徒は学校休んで勉強していたり、

 

「将来が決まってきますから」

 

なんて話していたり。

 

f:id:dodosachio:20190130231144j:image

 

ほかにも小学生って面白いなって思ったのは、みんな物怖じしないこと。

 

みんな大人がするような変な気遣いをしなくて、素直に反応しているなあっと感じました。

 

僕も含めて、周りを気にしすぎて、自分を萎縮させてしまうことが多くなりがちだけど、

 

まだそういう事をする必要がない環境なんだろうな。

 

だから遊ぼうって言ってくる子もいれば、

 

明日もきてって言う子もいれば、

 

バイバイする時、めっちゃあっさりな子も居たり、

 

「そのまま」の気持ちを各々が表現できてて良いなっと感じました。

 

f:id:dodosachio:20190130231251j:image

 

それゆえ、みんなの性格や個性が見ていてわかるなあっと思いました。

 

多分大人になっていくにつれて、どこか目に見えない「テンプレート」みたいなものに沿ってしまって、

 

どこか特徴が見えにくくなってしまったり、

 

本来のその人の特徴を裏にしまわなければならなかったり、

 

そういう事がまだなくて、自由で個性的で良いなあなんて、彼らを見て感じました。

 

今回教育の現場でこんな貴重なお話ができて嬉しかったです。

 

富士見小学校の先生の皆様、JOCAの皆様に感謝です!

 

また機会があれば、もっと良い話ができるよう、子供たちともより関わっていきたいなって感じました。

 

今日で色々急ぎのものは終わり。

 

まだやることはあるけど、明日は少しゆっくりします。

 

 

殻を破れ!話して鍛える、英語コーチングメルマガ
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス